2019年09月13日

廃墟の現状


改めて、すさまじさを感じる。

廃墟について、近日中に動画にしてアップしようとおもう。希望があれば。。。


そもそも、もう人が住むレベルではないな、、、と思い、新築の家に移ったわけであった。

先ず、白アリにかなり侵されている。。。

何年前だろう、、、5月にシロアリが飛びまってたのを見た光景を、今でも忘れることはできない。

シロアリにやられたのか、その床はペロンペロンである。

そんな、もう無理なレベルの状態を何年も放置したままのところに戻り、ここでどれだけの時間を、

それは残りの人生そのものの時間かもしれないが、過ごすのだろう。

今後のことを考えれば、DIYなどの対策が急務である。或いは、もう業者を使うしかないのかもしれない。いよいよ。。

しかし、部屋のすべてがゴミ屋敷と化し、そこに家財道具一式を詰め込んだものだから、他人が入ることができるレベルではない。

まず、片づけが先であろう。。

しかし、床がペロンペロンなのに、どうやって整理するというのか。。。

まあ、ペロンペロンは一部ではあるが、、、

上から絨毯をひいて誤魔化すとかできないレベルであろう。


途方に暮れているのだが、ここで暮らす、、メインではないが、、、衣類などの保管倉庫でもあるわけだからな。。

業者にやってもらうにしろ、50万とか、もしかしたら100万とかかかるかもしれない。

そうなると、何のためのリスタートかわからなくなる。。。

だって、こんな感じの場所で、こんな感じの家なんて、ここらへんで、100万ちょっとであるし。。。。

以前、ブログでも伝えたが、この家を、1円でもいいから売りたいという気分だったのだ。

逆に10万払ってもいいから手放したい、、、、

水が出ないなんて、、まだかわいいものかもしれない。

水については、ボクは、亀岡市千歳町の出雲大神宮にある湧き水をくみにいっている。

とても有名な水だ。大阪や和歌山からわざわざ、ここの有名な水を汲みに来る人がいるくらいだ。

ボクは、そのための容器も確保した。

もともと亀岡は水がとても良質な地で、明智光秀お墨付きなのかもしれない。

つまり、日々の生活では、1流の水を使っているのだ。

しかし、その1流の水であるからこそ、その重さも心配なわけで、このペラペラの床、

いや、表現はパコンパコンの床といったほうが適切だろう、、、

そのパコンパコンの床で1流の水の重さを支えきれるのか、、、がともても心配なのだ。

今にも、床が抜けてしまいそうなのである。

水の保管場所が暗所がよいとのことで、唯一そういった場所がパコンパコンの床であり、それ以外は

日当たりが良すぎて、水の保管には向かないのである。

家が角地で、周りも歯抜けの分譲地ということあって、全方向からとても日が入ってくるのだ。

まだまだ心配はつきず、強いスタートをきれないセカンドステージではある。。。










posted by ぬこ at 10:44| 北京 ☔| Comment(7) | セカンドステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

離婚します2


本当にこれでいいのだろうか、という自問自答を何度となく繰り返し、

そのことで影響を与える人のことをものすごく考えてきました。

また、将来の孤独死なども頭をよぎり、なかなか一歩を踏み出すこともできなかったです。

そういう不安とか、心の傷を癒すために旅行をしたりしてきました。

所謂、傷心旅行です。

でも、傷心旅行で傷が癒えたことは一度もないし、マイナスな思考をしないように日常をどんどんやることで埋めていくのが

心の傷には一番いい気がします。

3回も結婚生活を送ったのだから、悔いはないです。

結婚生活が性に合わないのでしょう。

でも、人には支えが必要です。

ボクの心を支えになるものって何だろうって考えた場合に、一番に出てくるのはお金です。

何とか、2000万円を5000万円くらいにしたいなんて甘い考えが浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返しています。







posted by ぬこ at 00:00| 北京 | Comment(5) | セカンドステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする