2019年09月29日

共同親権について

共同親権や、親子断絶防止法などの話題は、もう何年も前から言われているし、議論もあった。

ボクも、5年か6年くらい前は、その手のニュースや話題に期待していた。

国会でその話がでるということを聞けば、NHKで国会の中継をずっと見ていた。

でも、この問題は一向に進まないし、ボクが生きている間に解決されることはないとみている。

日本は、本当にダメな国なのだ。

条文に面会交流という言葉をのせるくらいが精一杯で、それ以上のことは何もできないし、するつもりもないし。

所詮、パフォーマンスだけで、何も変わらないとみている。

ボクは、日本に失望している。

それに、親権なんて、ゴミみたいなものだ。

離婚裁判で、どうしても親権を譲らないという父親がいる場合など、

別居の父が親権をもち、同居の母が監護権を持っているというケースもあるが、親権をもつ父が子どもに会えないでいるという話はざらだ。

日本では監護権をもつ親が無敵ということになっている。

子どもに会いたければ、金を出せ、、、という話であふれている。

養育費をどんどんつり上げ、挙句の果てには、「子どもが会いたくないと言っている」の一点張りで、十分に親子断絶をすることができる。

日本の裁判所なんて、本当のゴミだと思う。

親子を断絶することを後押しする機関なんて、不要だし、税金の無駄だし。

本当は離れて暮らす親と会いたいと思っている子どもも、無理やり会いたくないと言わされたりして、心に傷を負わされたりする。

なぜ日本には、こんな低次元で子どもファーストの考え方ができない裁判官しかいないのだろうか。

最高裁判所の裁判官のお給料は年4000万。

所詮、役人天国の日本で、正論を唱えても精神が崩壊するだけなのだ。。









posted by ぬこ at 00:39| 京都 ☁| Comment(4) | 離婚と結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

離婚と結婚

アドバイスをいただき、カテゴリを追加した。

離婚と結婚という新カテゴリだ。

ボクは、無職になってから3回結婚している。

普通の人は「無職なのに結婚なんて、信じられない!」と思うことかもしれないが、裏を返せば、

無職だから離婚しやすい、、そして、離婚があるから結婚なのだ。


というわけで、「離婚と結婚」というカテゴリの名称は、結婚と離婚という順番ではなく、離婚を前にしている。

強調するところは、結婚ではなく、離婚なのだ。


主な話題は、離婚後の紛争や、その紛争が解決しない社会問題と政治。

そんなところだ。









posted by ぬこ at 09:48| 北京 | Comment(0) | 離婚と結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする