2020年01月08日

もっと誠実に その1

ボクはシバター殿を尊敬していて、朝倉未来殿をめちゃくちゃリスペクトしている。

そのシバター殿の本は何度も何度も読み返した。

そう、一字一句逃すことなく。。

シバター殿のすごいところは、炎上商法で、注目を浴びたあと、炎上で終わらすことなく集客につなげるアイデアと手法が確立している・だ。

ボクは本の原型がなくなるほどボロボロンになるまで読み返した。

その中でも、視聴者を裏切らず、全てをさらけ出せ!というところが、とても心に響いた。

ボクは、視聴者や読者がどういったことを期待しているのか、そういった情報を欲しているのか、十分にわかっている。

なぜなら、コメントとかをちゃんと読んでいるからだ。

それこそ、PCの原型がなくなるくらいにボロんボロンになるまでコメントを読み返しているのだ。

そんなボクの悪いところは、シバター殿が強調する全てをさらけ出せ!ということを全くできていないこと。

それではいけない。

これからは、もう、視聴者を裏切ることなく、全てをさらけ出そうじゃないか。

まずはこれを見て欲しい。

クリック







posted by ぬこ at 07:15| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。