2019年06月12日

リタイア生活と虚しさに気づくとき


クリック!


ここ




毎日という毎日が虚しさと苦しみと倦怠感で満ちあふれています。

何のために、ボクは生まれてきたのだろうか。


無職になって、1〰2年は楽しかったかもしれない。

そこには夢が叶った喜びとか、自由と希望といったプラスが間違いなくありました。

5年とか無職を続けたとき、ふと、人と比べてしまったとき、例えば、普通に結婚して家族で仲良くイオンモールを歩いているような、そんな光景を思い浮かべたときに、何とも言えない虚しさに押しつぶされそうになるのです。

そして、そういった、叶わなかった別の人生を何度も考えるうちに、メンタルもやられてしまい、どんどん落ちていくのです。

無職7年目くらいで、もう、どうにでもよくなってくるのです。


例えば、犯罪をおかして、逃げ回っている犯人は、緊張感がどれくらい持続するのでしょうか。

10年もすれば、心が折れてどうでもよくなってしまったり、油断してしまったり、、、、とかするのではないでしょうか。。


ボクの無職生活10年目には、間違いなく、虚しさに満ちあふれ、心が絶望に支配されてしまうように状況に陥っています。


人生は取返しがつかない。

いつからでもやり直せれるようなものではない。。
ということを

決して忘れてはいけないのだと思います。


人生は一度きりだし、一つしか選べれない。


無職でだらだら暮らすことにはストレスしかなかった。


何も用事がないって悲しいことだよ。


クリック!


ここ




【関連する記事】
posted by ぬこ at 00:00| 北京 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に結婚して:結婚を別々の方と3回もしているんですよね?しかもイオンモールによくいかれているんですよね?

何も用事がないって:定期的に前々妻の件で裁判所に呼ばれるんですよね?
それに今は、現在の奥様から仕事しろと言われているようなので職探しをすればいいかと思います。
ある意味不幸中の幸いで、事故の後遺症もなかったようですし、しばらく旅行はこりごり見たいなので、イオンモール行くついでにハローワークとか行かれるのはどうでしょうか?
Posted by at 2019年06月12日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。