2019年03月21日

どうしてこうなってしまったのか【本題偏】24



子どもができたことでカノジョとの結婚を決め、子育ての環境を考え、水が出なくなった山奥の家を出て、

便利な都会に家を買った。クリック


にもかかわらず、カノジョとは裁判で離婚をすることになった。クリック


離婚成立すると胸にぽっかりと大きな穴が開いたような苦しみがしみじみとやってくる。


ボクは、都会にポツンと一人で新しい家に住み、離婚後も裁判所に通う生活を送っている。


離婚裁判の後は、子どもに会うために、面会交流調停を申し立てている。


今年、4回目の申し立てをした。


ボクには子どもがいるが、一度も会ったことがない。


会わせてもらえないのだ。


ボクがモラハラで、そのようなモラハラ男は、子どもに悪影響を与えるのだから、子どもの福祉のために会わせない。


これがカノジョ「側」の主張だ。


養育費は毎月欠くことなく得ているのに、子どもには会わせない。


それがまかり通るのが先進国の中で唯一、日本だけなのだ。

posted by ぬこ at 08:34| 北京 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする