2019年02月28日

どうしてこうなってしまったのか。。。。7

800万で買った家の水が出なくなり、無職なのに新築の家を買い、株で大負けして残金が残りわずかになり、今では裁判所に通う日々。
何とか空き缶を拾って日銭で生きている。。。
そんな絵に描いたようなおかしなことに何故なってしまったのか。。。
自分でもわからない。。
でも、裁判所に通うことがボクの宿命だと信じている。
裁判所で、どんな屈辱を味わったとしても通い続けるのだ。

負けるものか!

勝つまで戦う。

もったいぶるような話ではないけれど、ボクは病気だからもったいぶってしまう。
事の始まりは、無職生活で孤独を感じたことから始まったのかもしれない。。

その4がない?とか言っている人がいるが、よく探してみなよ。
ボクは病気だからこれ以上のことは言えない。

でも、真剣に嘘偽りのない、リアルをお伝えする。

こんな悲惨は人生ってないよ。本当に。

ボクは病気でメンタルが弱いのでいつ死んでもおかしくないような精神状態で毎日を戦っている。



クリック
クリック

クリック

最近のブログ更新の頻度が少なくなったのは、

理由はただ一つ。

裁判所に提出する、書面の作成に時間がかかっているから、なのであります。

ボクは文を作るのにとても時間がかかる。


ボクには弁護士がいない。


たった一人で戦っている。

とても不利な状況だ。

だって、弁護士を雇うお金がないからね。。


孤独だけど、すべての書面や期日を一人でこなしている。

裁判所の言葉はわからないものだらけだ。

難解でちんぷんかんぷんだ。。

でも、その苦戦している書面も完成マジか。。。

やっとだ。

そんなわけで、次に進みます。

ボクとカノジョの不幸な出会いの話から。。。

posted by ぬこ at 13:00| 北京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

どうしてこうなってしまったのか。。。。6

800万で買った家の水が出なくなり、無職なのに新築の家を買い、株で大負けして残金が残りわずかになり、今では裁判所に通う日々。
今では空き缶を拾って日銭で生きている。。。

そんな絵に描いたようなおかしなことに何故なってしまったのか。。。
自分でもわからない。。
でも、今のように裁判所に通うことが今のボクの宿命だと信じている。
裁判所で、どんな屈辱を味わっても通い続けるのだ。

もったいぶるような話ではないけれど、ボクは病気だからもったいぶってしまう。
事の始まりは、無職生活で孤独を感じたことから始まったのかもしれない。。

その4がない?とか言っている人がいるが、よく探してみなよ。


クリック
クリック

クリック

無職生活に向き不向きがあって、それに向いていなくてボクはこうなったのだろうか。

当初予定していた計画を、こなし尽くし、挫折も含めて、やりたいことリストからアイテムが無くなったころ、

ボクは無性に孤独を感じていた。。。。



クリック
クリック

クリック

人肌恋しく感じる冬だったか。。

寂しさのあまり、何も手につかなくなった。

孤独は辛いよ。


コメントにもあったかな。

無職生活の向き不向きに、寂しさを感じると不向きなのかな?

ボクは寂しがりやだ。 でも、人間、だれだって、寂しさくらい感じるだろう。

そんな時に、気を紛らわす何かがある、何かを作れる人が、無職生活に向いているということなのでしょうか?

ボクには何もなかった。空っぽの人間だからね。。。


孤独で、寂しくて寂しくてどうしようもなかった。

とにかく、どうしようもなかった。

神様は5000万円をひたすらに、がむしゃらに死にもの狂いで頑張って貯めたことを評価してくれなかったのだろうか。

それで、こんなおかしな状況にいるのだろうか。。

後に水が出なくなる山奥の家で、孤独を感じ、無性に寂しくなったある日。

ボクはカノジョと出合った。

ボクとカノジョが最初にドライブデートをしたときは、道に迷ってしまい目的地にたどり着かなかった。

でも、カノジョは優しく、二人で迷うのも楽しいね。と言ってくれた。

最初はそんなに好きでもなかったが、いつも優しくて、そんな気遣いができるカノジョに対して、次第に好意を抱くことになった。

ボクが30代後半。カノジョが20代半ば。

ボクは無職、カノジョは会社員。

明らかに、未来のないボク。将来があるカノジョ。

最初から、ボクとカノジョの出会いなんて間違っていたのだ。

この出会いはなかった方がよかった。

どんなに寂しかったとしても。。。。


ボクは、後に人生の最悪を味わうことになった。



posted by ぬこ at 22:13| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする