2014年10月23日

希望の光

希望の光。

それがあるから、人は素直に誠実になれるのでしょう。

先のない人生だった。そう、3日前までは。

しかし、この37年間続いた、薄暗く、先のない、いや、絶望しかない未来から、

家族という、希望の光が、やっと、この俺を照らしてくれるようになった。

しかも、おまけつきだ。

人生、何があるか、わからない。

大切に大切にため込んだお金が、東電崩壊でどん底の2千万円台にまでたたき落とされ、

数々の地獄を経験してきた。

もう、これ以上辛い想いをする必要はないんじゃないか?

そう、思っていた。

あまりにも、あまりにも、不幸な人生だよ。ぬこっぷの人生は。

かわいそうだ。かわいそうすぎる、、客観的にみて。

そう、思ってきた。

だから、この、やっと届きだした希望の光が

普通の人には何でもないような光でも、

俺っぷにとっても、もう、最高の光に感じるのだよ。

この、光のシャワーを浴びながら身体を洗いたいな☆
posted by ぬこ at 13:59| 北京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。