2009年09月29日

34歳

になっていました。。。気がつけば。

今年は体調が悪い中で誕生日を迎えることになりましたが、気分一新して次の一年を全力で頑張って生きたいと思っています。


プレゼントカード.jpg


メール友達が送ってくれたバースデーカードです。日付が変わったのと同時に贈ってくれていたのがとっても嬉しかったです。



ふり返れば31歳で無職になることを決め、有給や代休を消化しながらのセミリタイヤ生活を送り、32歳になったと同時に完全無職生活を開始しました。


当時は酷い体調不良、人間不信、挫折と後悔。。。あまり誉められた生活を営んでいたわけではりませんでした。
人生の消化試合という言葉かぴったりと当てはまるような生活を送っていました。
寂しく、侘しく、そして孤独な毎日をただ生きている。。。それだけでした。


無職生活、しばらくしてから付き合っていた人とも別れ、完全に独りっきりの人生になりました。


インフレを肌で感じながら、節約の日々をただ繰り返し、生産性もなく、何かを頑張るわけでもなく、家の中でぼーっとしているだけで時の流れにひたすら絶えるだけのとても残念な32歳でした。たまに旅行に出かけても、すぐにしんどくなって帰ってしまうようなつまらない日常になっていました。


リーマンショック後、33歳の誕生日を孤独感満載で迎えてから、考え方を変えよう、自分を変えよう、そして未来を変えようと思い立ちました。少しずつ起き上がり、外に出て現実と向き合うことを決めました。


失恋10ヶ月目の秋に旅先で知り合った人と恋が始まりました。クリスマスや大晦日、いろんなイベントを一緒に過ごしました。今年の春に別れることになりましたが、彼女からはたくさんの影響を受けました。別れた直後に人生のセカンドステージが始まったような気がします。

スポーツをはじめ、ジムに通い、4月には友達をつくることを決意し、今までの人生とは180度違う人生を思い描きました。積極的にいろいろな活動を試みて、視野を広げました。大学で勉強したり、ボランティア活動に参加したり、知り合った人を家に招いたり、片っ端からやってこなかったことを体験していくんだと人生に前向きになりました。ブログをはじめました。mixiもしました。おかげで友達もできたし、おっきな夢を見つけることもできました。


劇的に自分を変えることができた33歳でした。人生の折り返し地点であり、大変化の一年だったと思います。

気がついた時から変えることができるんだということを学んだ一年でした。


今からの一年は、夢に向かって大きく舵を切り、できる限りの場所まで近づくことが目標です。

posted by ぬこ at 21:17| ドバイ | Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする